衣裳ができるまで

1. ボディ用生地を裁断する
生地を裁断します。この衣裳では表地にバックサテン、裏地に葛城を使用しています。
ボディはウエストに切り替えのないタイプで10枚接ぎ。
各ピース左右対称に1枚ずつ、葛城とバックサテンを裁断します。
1-1
  ph1-1
1-2
  ph1-2

2. ボディを縫製する
各ピースを接ぎ合わせます。
縫い代にはロックミシンをかけ、アイロンで割っておきます。
1-3
  ph1-3

襟ぐりはバイアステープで始末します。
1-4
  ph1-4

ボディの裾にロックをかけ、ボディの土台はできあがりです。
1-5
  ph1-5
1-6
  ph1-6
次へ